基本と応用について2

戦技研で行う訓練においては、基本技に立ち戻る作業を行う、という意味で基本を確認します。

例えば、ある状況において相手に技を施した際に、相手が倒れない、などという状況に陥る場合があります。そうした場合の原因を探ると、大体においては基本の理解が足りていなかったり、勘違いをしているケースが多々あるのです。

型稽古において基本のみの練習を繰り返しても、どうしてそれが大切なのか、その技の大切な部分は何か、という観点を常に持って稽古に臨むのは難しいものです。

型稽古なので、動作の手順が決まってしまい、その上を目指す気持ちで 創意工夫的な見地から、技を深く探るというのではなく、安易に技のための技、という事をやってしまう可能性が高くなるかもしれません。(技のための技、というのは、その技の効果を高める為だけに行う基本から外れた我流的な汎用性や応用性に欠ける姿勢や動作の事)

技術的な理解以外にも、人間の成長の面で考えてみると、合気道歴だけが長くなって、何かしらの自負と自信が芽生え、しかし自分の間違いに気付かず、そして気付こうともせず、あるいは気付いていても開き直り、ますます型稽古だけの世界に閉じこもろうとしていく可能性が高くなるかもしれないという恐れがあります。

自身の成長度や進むべき方向を知る為に、もっと別の視点から全体を眺める機会が必要です。出来ない事と出来る事を分別し、出来ない事に対して出来るように努力していく姿勢を持つには、そうした気持ちになる機会が大切です。それが神衛においては戦技研という事になります。

戦技研では、今は出来なくても、このような訓練をしていけば、こういう過程を辿って、それが出来るようになる、という道を示します。この道は、合気道という道そのものですが、戦技研の訓練を受けることで、自分の進むべき道がよく見えるようになってきます。

基本は大切である事に間違いはありませんが、基本は応用あっての基本という考えは大切であり、神衛では戦技研を応用として養神館合気道の基本を考えています。

基本と応用について1

何事においても基本は大切です。

合気道の稽古の種類を大別すると、

基本動作ー基本技ー応用技ー自由技ー演武

となるのが養神館合気道における一般的なものです。このうち

基本「基本動作、基本技」

応用「応用技、自由技、演武」

という考え方が一般的な合気道の稽古になります。(もちろん、全ての団体がそのように考えているのではなく、各道場の先生によってお考えは変わります。)

しかし、神衛では

基本「基本姿勢、基本動作、基本技、応用技、自由技、演武」

応用「戦技研」

としています。応用技、自由技、演武も、実戦という混沌に比したら型稽古の範疇に入ると神衛では考えているからです。

に続きます。

戦技研設立の経緯

【戦技研の始まり】

戦技研は「戦闘技術研究」の略称です。1990年代半ば過ぎくらいから久島の個人的な研究から始まりました。

【何故、戦技研みたいな研究をはじめたのか】

私は中学生の時に柔道部で柔道を学び、高校生からは空手(フルコン)の道場に通いました。二十代前半で養神館に入門したのですが、色々と愕然とする事実を知りました。それはいつか書きます。

一般論ではなく自分に関して言えば、通常の合気道の稽古で実際の格闘戦に太刀打ち出来るとは思えませんでした。他の人は知りません。

あくまでも自分に関しては、合気道の通常の稽古を重ねながら、格闘戦に対応する為の特別な稽古が必要と考えました。

【運が良かった事】

合気道を始める前に部活での柔道とフルコン空手を学んでいた事です。柔道とフルコン空手は身長180センチある私には、街中の喧嘩ならこれだけで十分というほどの強さを私に与えてくれました。

本当に強い人達が群居している世界を知っているので、そうした世界に通用する強さがどういうものであるかを多少なりとも分かる事が私にとっては幸運でした。

フルコン(顔面なし)空手、顔面あり打撃、防具着用打撃、などを経験している事も私にはプラスになりました。

私に合気道を教えてくれた先生が正直に「秘密」を話してくれた事も運が良かったです。

私が進んだ大学の学部が理系であった事も「研究」という事がどういうものなのか勉強出来たので運が良かったと思います。

これから皆様が私達の仲間に加わってくれる事も運が良いと信じます。

男性だけでなく女性も活躍しています。