久島流突蹴格闘術

久島流突蹴格闘術は一時的な名称としています。
読み方も決まっていません。「くしまりゅうとっしゅうかくとうじゅつ」とお読み下さい。

「久島流突蹴格闘術とは何か」

突き、蹴り、を主体としながら、投げ、締め、制圧、関節破壊、などの技法を体系化しています。

「久島流突蹴格闘術の特徴は」

養神館合気道の動作原理を突きや蹴りに活かせないか?という考えが当初はありました。しかし、そのままでは活かせない、という結論を出しました。

そこで合気道と同じ動きは諦めて、力の発生方法の仕組みに着目し、これまでにない動作で突きの動作を行う開発に成功しました。

蹴りについては、力の発生方法は他の格闘技と大きく変わるものではないと思われますが、フォームなどの考え方(理論)が独自です。

後回し蹴り、という難度の高い蹴りをテキトーにそれらしく蹴るのではなく、誰もが理論的に身に付けられるようになっています。

最大の特徴とも言えるのが、突き蹴りと投げ等を別々に分けていないで、同じ動きで相手を制する事が可能となっているところです。

「久島流突蹴格闘術が誕生した理由」

神衛には戦技研という合気道を学ぶ人の為の実戦対応訓練があります。この戦技研は型稽古とは異なり、実際に相手はフェイントを交えて殴る蹴るなどの攻撃をしてきます。表現は良くありませんが、空手の攻撃に対して合気道はどう対応すればいいか、柔道に対してはどうすれば良いか、などとイメージをして頂くと分かりやすいかと思います。

ここでは仮想敵として殴る蹴るなどの攻撃が出来る人がいないと訓練が出来ません。合気道しか知らない人には、空手のような突き蹴りの攻撃は出来ないのは当然の事です。

そこで軍隊格闘技と同じように、簡単に身に付けられ最小限の攻撃力程度は発揮出来る突きと蹴りの技術を指導する事としました。これが久島流突蹴格闘術が誕生したきっかけとなります。

ただ、合気道をやっている人に同時に空手も教えるような事をすると、学ぶ人の負担が大き過ぎてしまいます。そこで合気道の動作原理に通じ、違和感なく突きと蹴りが出来る理論を考え、久島流突蹴格闘術は先に述べた特徴を持つに至りました。

「久島流突蹴格闘術の今後」

久島流突蹴格闘術は、本来、戦技研の訓練に組み込まれていたものです。それを突きと蹴りなどを戦技研から取り出したものが久島流突蹴格闘術です。

久島流突蹴格闘術は一つの格闘技になっていて、それは合気道とは違うものです。合気道より久島流突蹴格闘術の方を学びたいという方に、それを指導する準備をしています。

ただし久島流突蹴格闘術は合気道とは違うものゆえ、養神館の支部としての神衛では指導を行えません。養神館の支部としての神衛は合気道の指導を行い、同時に指導する人物は同じでも、久島流突蹴格闘術は別の団体が指導する体裁を取る事となります。

受講生の募集を行う時に改めて説明をさせて頂きます。

久島流突蹴格闘術