神衛の特色2

神衛は、21世紀以降に社会に必要とされる合気道 道場が、どのようなものかについて考えてつくられた道場です。

それは、現代に生きる武士、を育成する場であり、武士道について学び会得していく場だと先に申し上げておきます。

武士という職業と階級はなくなりました。しかし、滅びた訳ではありません。いえ、武士を滅ぼす訳にはいかないのです。警察官、自衛官、消防官、などの職業は、武士的気質を要求されるものです。そうした職に就かなくても、実社会において武士のような人はいた方がよいでしょう。困っている人がいたら助ける、という人です。

刀や武器を持たずとも、斬るべき存在があれば自らの命を捨ててでも、それを実行出来る覚悟を持ちその実力を養う訓練と、何をどうして斬る必要があるのか、斬らずに済む方法もあるのではないかと、冷静に最善の方法を考える思慮を深め見識を広める事を同時に行う事が、武士道の会得には不可欠だと神衛では考えています。

このような発言をしましたが、実力も実績もない者が能書きだけ垂れている、というようではお話になりません。神衛は、現代に生きる武士育成の場として戦技研という実戦対応クラスを作っています。

・過去から伝わる伝統(固定されたもの)を養神館合気道で伝える。・・・教科書

・変化する環境に適応する能力(研究や改善を要するもの)を戦技研で養う。・・・問題集

神衛は、このように教科書と問題集を使って、21世紀の合気道 道場として活動しています。実績という点においては、皆様のご活躍にも期待しています。

ここまで記述しても、やはりまだ心意気を示している程度にしかならないかもしれませんが、皆様が神衛にご興味を持って頂けたら幸いです。