型稽古の短所を考える

神衛においては、合気道における技法の上達と実際の戦いへの対応能力は、基本的に別問題と考えています。

型稽古は攻撃の方法をあらかじめ決めて、約束通りに動作を行います。
(そういう意味において養神館合気道における「護身術」、動作に約束を決めていなくても相手の攻撃方法が先に分かっている点において指導者資格審査で行われる「実戦即応技」は型稽古の範疇にあると神衛では考えています。)

実際の闘争においては、当然ながらそうした約束はなくなります。そうなると、型とは違う状況が起きた時に、何をどうしていいのか分からなくなるかもしれません。

また、自分が合気道で学んできた事は、実際の闘争においてどれだけの能力を発揮出来るのかを客観的に知ることも難しいでしょう。

更に重要な事として、 実際の戦いには、その人の「心のありかた」というものが問われます

稽古や演武の中で技が上手に出来ても、実際の戦いにおいては、そもそも戦いに応じられる自分がいるのか、という問題に行き着きます。

合気道は型稽古を行いますが、 型稽古にはその世界にある常識や約束事などが自然と生じてしまいます。これは大切な事でもあり危険な事でもある両刃の刃のようなものです。

弱点として見れば、型稽古の世界における常識や約束事は、その世界だけの閉鎖空間を構築し、稽古に取り組む人はその閉鎖空間だけが武道の世界だと勘違いしやすくなるかもしれません

これは実際の闘争、それも「殺す」という明確な意思を持つ人間を相手にする事を考えれば、果たして閉じこもった世界での常識や約束事がそうした相手に通用するのか、論が分かれるところです。

蛇足を承知で付け加えれば、そのような閉鎖空間に閉じこもってしまうと、実際に戦える能力はないけど武道家としての地位や名誉は誰よりも欲しい、という考えの人間が育ったり、そういう人間が集まる環境が醸成される事もあり得ます。

そうした人達を批判する気はありませんが、神衛の方向性とは異なるものです。

型稽古は必ずこのようになる、という事ではありません。神衛では型稽古には総じてこのような状況に陥る危険性があり、それが型稽古の短所に成り得ると考えているという事です。

戦技研は、このような危険性を回避し、型稽古の短所を補う為のものとお考え下さい。