型稽古の長所を考える

養神館合気道は型稽古で習得していくシステムです。型稽古とは、攻撃と防御の方法をあらかじめ決めて、約束通りに動作を行う練習方法です。

合気道の技は、その奥深さと精妙さにおいて、稽古方法を誤ると大切な核の部分が伝わらなくなります。合気道の稽古の基本が型稽古であるのは、そうした大切な部分を正確に多くの人に伝えていくためだと考えられます。

型稽古を繰り返すことで、身体が錬られ、技の理合も深く理解出来るようになります。技の手順を思い出しながら動く事から始めても、稽古を繰り返すうちに、頭で考えなくても力の流れを感じながら相手を崩す事が出来るようになります。

また、勝ち負けを競うものではないので、人間性に優れた相手と型稽古を行えば、自身も触発され、より一層稽古が楽しいものになります。

良い指導者、良い稽古仲間、良い稽古環境に恵まれて養神館合気道の稽古に励めたら、その人にとっては人生で得られる幸せの多くを得た、と言っても過言ではないでしょう。

神衛ではまず、こうした型稽古の長所を考え、そうした長所が最大限活かされるように稽古に取り組む事を重要視しています。