戦技研0 ワークショップでは難しい

 

簡単に身に付けられるものは、簡単に打ち破られます。

護身術みたいな事をしている人達が、ワークショップやセミナーなどを開催しています。

それらワークショップを受講した経験がある自衛官や警察官も神衛には入会してきます。彼らは体力もあるので、自分よりも体格や体力に劣る者相手ならば、それらワークショップで学んだ事が使えると思うようです。

しかし、ある程度の能力がある人には、これでは強い人には絶対に勝てないという事が自覚するそうです。

そこで彼らは神衛のような道場を探します(他にはありませんが)。基本からきちんと学ぶ必要を感じるからでしょう。そして神衛の戦技研に参加すると、それらワークショップなどで学んだ事は我々には全く通用しない事を彼らは強く思い知らされるようです。

考えてみれば簡単に分かる事です。

例えばプロ野球選手が、一般の野球未経験者を対象に野球のワークショップを行ったとします。一般の野球未経験者がボールの投げ方、打ち方などを学んで、それでプロ野球選手を相手に野球の試合など出来るものでしょうか。

野球ではなく、柔道や空手などに置き換えてみたら、それはもっと分かりやすいかもしれません。

学校の部活などで柔道をしっかりやってきた人、特に試合で実績を出してきたような人に対して、ワークショップで柔道に触れたような柔道初心者の人が乱取りをしても、組んだ瞬間にワークショップで学んだだけの人は全てが分かるはずです。

合気道の技法を参考としたような技術が逮捕術、新格闘、近接格闘術、護身術、と称されているものに散見されますが、見た目は似ていても中身が全く違います。

相手の腕をこうすればこうなる、という浅いテクニックは、体をある程度鍛えている人には、相手が体格体力に劣れば多少の効果はあるかもしれません。

しかし神衛においては、前述した事実があります。神衛では合気道で地力を養いながら実戦対応能力を身に付けていく方針としています。

とは言え、護身術のワークショップを否定はしません。

あるロシアの護身術のワークショップに参加した自衛官の人が、ロシア人のインストラクターに

「自分達はどうしたら、あなた達のような技術が身に付けられるのですか?」

と質問したそうです。その返答は

「俺達はそれが出来る。君達はそれが出来ない。それが全てだ。」

だそうです。

神衛では、そのような事はありません。

このようなワークショップのような体験をして、簡単に身に付くものは、簡単に打ち破られる、という事実を身をもって知る機会は大切です。

そして神衛のように、実戦対応能力をきちんと示し、「どうしたらそれが出来るようになるのか。」という事を指導している道場を探すきっかけとして貰う事を期待します。

強調しておきます。

安易に合気道の基本をむやみに別のものにしてしまったり、合気道の延長にはない動作を安易にアタッチメントしてしまうような事は、当然の事ながら論外です。

また、日本人として強くなるなら、やはり日本の武道で強くなりたい、と思う人も少なくはないはずです。

皆様が神衛 戦技研に興味を持って頂く事を願います。

2016年3月11日

戦技研1 訓練内容について

戦技研では、訓練を受けて頂く事によって各種状況に対応出来る能力を身に付ける事が出来ます。

どのような訓練を行っているか、少しだけ紹介します。

まず日常生活における犯罪や事故の被害を受けないようにする考え方や技術を学んで頂く事が根本にあります。

  

性犯罪であれば、痴漢、自動車への引きずり込み(拉致)、その他

各種トラブルであれば、交通トラブル、車内トラブル、その他

各種因縁であれば、クレーマー、その他、

戦技研では、こうした時の対応方法をメンタル的な部分を含めて訓練をしています。まずは相手をエスカレートさせない、暴力事件に発展させない、という対応方法を訓練します。

ただ、こうしたトラブル対応を正しく行うには自分に何かしらの実績とそれに裏付けされた自信と決意が必要です。何かしらの実績というのは、専門訓練を受けて修了している事が一つとして挙げられます。

トラブルが更に酷くなり最悪の状況になっても、それを抑えるだけの能力がある人だからこそ、トラブル初期においては落ち着いて正しく対応出来ます。自分に自信が持てない人ほど、相手の挑発に乗りやすくなるのと同様、訓練を受けた事がないと、相手の激高した雰囲気にのまれ、正しい判断と行動が出来ない可能性が高くなります。

よって、危機的状況、特に争いを避けるには、そもそも争いとは何かを知る必要があります。その争いのうち特に緊急事態である身体に危険が及ぶ暴力行為の状況を想定します。

   

これらは日常生活とは別世界の状況のようで、誰もが引きずり込まれる可能性があります。

特殊な訓練としては

 

武器奪取とは相手から武器を奪う事です。武器奪取対応とはその逆で、自分が所持している武器を奪取する相手に対処する事を言います。

その職業(公務員)にある方限定の訓練として

  

特に職業の方においては

武器奪取対応、つまり武器を取られないように対応する技術は優先して指導しています。勿論、取られないだけでなく、一瞬で制圧する技術を学んで頂きます。

合気道には「杖投げ」という武器奪取対応の技術があります。杖投げ、とは、杖(じょう)という武器を持つ我に対して相手がそれを奪おうとすることに対する技法です。

戦技研では更にそれを応用します。小銃、拳銃、警棒、等を持つ我に対して、接近を許してしまい携帯する武器を奪取されるような状況に対応します。

しかし戦技研で行う技術は間違いなく他に類を見ない独自のものです。そして神衛で合気道の基本を学んでいないと身に付かないでしょう。

我々の技術は、傍から見たら素早い動きや複雑な動きには見えないので、大した事がないように見えてしまいます。しかし実際は、部外者にには理解出来ない力の線を大きく素早く崩しているので、やられている側は何が起きたのか全く分かりません。

そして。

小銃、拳銃での銃撃戦を想定するなか、銃口を相手に向けた状態で取り押さえ顔の確認や逮捕拘束、連行する技術などを必要な方には指導しています。

戦技研の技術が特に優れているのは、銃撃戦の最中の格闘戦においても銃口を管理しながら対応出来る事にあります。

これらを「型稽古」ではなく、あらゆる状況で対応する能力が身に付く為の訓練を行います。実地でご覧頂くのが一番分かりやすいのですが、戦技研の見学は現在のところお断りしています。

ただ神衛会員の紹介があれば、体験をして頂く事は可能です。

戦技研2 クラスなどについて

「戦技研とは養神館合気道を学ぶ者を対象とした実戦対応訓練であるが、簡易かつ具体的に言い表せば

1.自分より体格に優れ、卑劣で凶悪な人間性を持つ相手

2.2人以上である

3.刃物、棒、銃火器などの武器を持っている

4.何かしらの格闘技を身に付けている

上記1から4のうち、1つから4つまで当てはまる相手に対し

5.自分に及ぶ危機から離脱する

6.他人に及ぶ危機から離脱させる

7.相手を逃走させる

8.相手を逃走させず無力化する

上記5から8の全てを実行可能とする能力を習得する訓練である。ただし初等教育課程においては、1人の相手と制限する。

初等教育課程から高等教育課程に掲げる訓練目標とする能力取得は、訓練を正しく受講さえすれば確実に取得出来る事を保証する。」

上記は戦技研募集要項より抜粋したものです。

戦技研は正課ではありません。希望する方に受講して頂く別課です。
合気道を学んでみて、自分が本当に実際に戦う能力が身に付いたのか心配である方が受講するものです。つまり戦技研を受講しないと実戦対応の能力は身に付かない、という事を主張するものではございません。

戦技研は下図のように段階を経た教育体系となっています。

sengiken_soshiki_20160321_312x235

初等教育課程6ヶ月、中等教育課程8ヶ月、高等教育課程10ヶ月、全部を最短で修了しても24カ月、つまり2年間ほどの訓練期間になります。

各課程の受講資格

※戦技研は神衛に所属する会員を対象としています。

【初等教育課程】1人を相手とする。対単数戦闘と称す。

・養神館合気道初段以上が望ましい ただし別途、実力向上研修を受講する前提として例外あり

例外1 一般の方は養神館合気道3級以上

例外2 銃火器を扱う公務員の方は養神館合気道6級以上

【中等教育課程】2人を相手とする対複数戦闘基本

・初等教育課程を修了している事

・養神館合気道弐段以上が望ましい ただし別途 実力向上研修を受講する前提として例外あり

例外1 一般の方は養神館合気道初段以上

例外2 銃火器を扱う公務員の方は養神館合気道3級以上

【高等教育課程】3人以上を相手とする対複数戦闘

・中等教育課程を修了している事

・養神館合気道参段以上が望ましい ただし別途 実力向上研修を受講する前提として例外あり

例外 養神館合気道初段以上(有段者以外の参加は例外なく認めない)

1年ごとに内容のアップデートを行っています。
2016年1月現在において、初等教育課程は第6期生の訓練を行っています。

それでは、これから合氣道を学びたいと思われる方におかれて、道場選びの1つの参考として頂く為、戦技研について簡単な説明をさせて頂きます。

戦技研3 戦技研の初期の試み1

人間の闘争は、殴る蹴ける組み付く、武器を使う、複数で襲う、など色々な状況を考える必要があります。
その状況はケースバイケースであり、混沌としたものです。
その混沌とした様子を図式化したものを下図のように表します。

sengiken_kihon1_120x120

その混沌とした人間の闘争において人間が取り得る動きの中で、各種の武道や格闘技はその立ち位置を決めています。
合気道なら合気道の明確な動作の基点があります。
それを下図のように表します。

sengiken_kihon2_120x120

その基点から合気道の技法があると考えます。
混沌とした人間の闘争の形態の中で、合氣道で想定する状況と対応方法があるとします。
まず合氣道で想定する状況を下図のように表わします。
赤い丸が、「正面打ち」「片手持ち」など分かりやすい例に限りませんが、それらを含めて合氣道が想定する状況と見て下さい。

sengiken_kihon3_120x1201

戦技研3(または 新しい記事)へ お進み下さい。

戦技研4 戦技研の初期の試み2

合氣道において想定した状況に対応する技は、下図のようになります。円の内部の縦横の直線として表しています。

sengiken_kihon4_120x120

合気道は型稽古を基本として稽古します。
合気道における型稽古とは、技をかける方と受ける方の役割と、どのような技を行うのか先に決めて、それを繰り返して術理の理解を深めながら身体を動かして鍛えていく稽古方法です。

これは非常に優れた効果をもたらす反面、無視出来ない問題があります。
型稽古では、状況(上図の赤丸)を設定し、動きの約束をして、約束通りに動きます(円内の直線)。
しかし型稽古で学んだ以外の状況が発生した場合、一体どのように対処すればいいのか分からなくなる可能性があります。それを表したのが下図です。

sengiken_kihon4a_120x120

それでも今のまま型稽古を続けていけば、いつかどうにか出来るように自分はなっているるだろう、つまり、合氣道の稽古では想定していない状況を考えないで稽古をしていても、いつかは自動的に想定しない状況にも自分は対応出来るようになっているだろう、と思っていてどうかなるものかと言えば、それは各人の能力によると言えます。

神衛における実績から判断すると、型稽古としての強さは身に付くであろうという事は言えるようです。
それは下図のように円の内部の直線部分を太くして表現します。

sengiken_kihon3a_120x120 right_yajirushi_30 sengiken_kihon5a_120x120

また上記の内容を受けて、型稽古だけを続けていけば、想定された状況により近い状況なら対応出来る可能性は高くなる、という事も言えるかもしれません。正面打ちで始まる技のはずなのに、相手が間違えて横面打ちを打ってきた、だけど対応出来た、という例が考えられます。

下図のように表現します。

sengiken_kihon6a_120x120 right_yajirushi_30 sengiken_kihon7a_120x120

実は、正面打ちで始まる技なのに、横面打ちが来たら対処出来た、という事を根拠として、実戦対応が出来る、という人が実在します。しかし、それは実戦対応が出来る事の根拠にはなりません。

戦技研4(または 新しい記事) にお進み下さい。

戦技研5 戦技研の初期の試み3

正面打ちをしなければいけないところを横面打ちが来た、しかし、何とか対応出来た、という事が、実戦に対応し得る能力を持つ事の根拠になるか、と言えば、ならないと言うのが我々の考えです。

キックやパンチ、タックルなど、普段の合気道の稽古では練習しない技法に対しては、対応が出来ないと考える根拠が下の図となります。

sengiken_kihon6_120x120  right_yajirushi_30 sengiken_kihon7_120x120

 

型稽古における状況対応の限界はある、それも限界はそれほど高くはない、と当道場では結論づけています。

これまで、基本稽古における状況対応の限界について説明させて頂きました。
つまり戦技研は、基本稽古における想定した状況を、より実戦で起こり得るものに広げていく、という考えをしています。

一番簡単なイメージは下図のようになります。

sengiken_kihon6_120x120 right_yajirushi_30 sengiken_kihon9a_120x120

例えば、パンチやキックをしてくる相手や、ナイフなどの凶器を持って襲ってくる相手へのの対処方法の基本を初等教育課程で学んで頂いたら、より難度が高い状況における相手への対応を中等教育課程以降で学んで頂く事になります。戦技研で学んで頂く具体的内容は明かせませんので、あくまで分かりやすい例としてお考え下さい。

初等教育課程、中等教育課程、高等教育課程と段階を経て学んで頂き、各種の状況に対応出来る能力を身に付けて頂きます。
下図のようになります。

sengiken_kihon8_logo_120x140 right_yajirushi_30 sengiken_kihon9_logo_120x140 right_yajirushi_30 sengiken_kihon10_logo_120x140 right_yajirushi_30 sengiken_kihon11_logo_120x140

ただし、上図は、いたずらに手数が増えている、という意味ではございません。戦技研で行う技法は、養神館合気道の技術そのものです。他の武道や格闘技の技法を取ってつけるような事は行っていません。

戦技研6 戦技研で身に付けられる実戦対応能力 1

戦技研で身に付けられる実戦対応能力について

一町道場に過ぎない団体において、合氣道の実戦対応訓練など、たかだか知れている。現実を知らない人達が、現実を甘く見て、勘違いして自己満足をしている。
当道場をご存知ない方は、そのように思われてしまうかもしれません。

しかし、道を求め、本当に実戦対応の能力を身に付けたい方には、戦技研の事実をある程度はお伝えします。

神衛には警察官、自衛官、その他、法執行の任に就く公務員の方が在籍して合氣道の稽古に取り組んでいます。

その中には、派遣先においてフランス軍基地、及び、現地国の警察・国家憲兵隊及びその特殊部隊に合氣道の指導をする事を業務で命じられ、見事に任務を完遂した陸上自衛隊の隊員もいます。(ただし、この例はあくまでも普段の訓練で鍛え抜かれた空挺隊員が戦技研で訓練を受けた場合の話です。)

彼(A3曹)からの報告を一部抜粋します。
「国が違えど、現場で戦う者は本能で合気道を有用性を嗅ぎ分けたのでしょう。
あちらからの要望の内容は、戦闘及び不審者接触時に使える技術であり、あくまで生き残る術としての技術という事でした。これまでの基地で実施していた柔道教室や剣道教室とは方向性が違うというのです。
「合気道」というより、その応用を指導して欲しい、という打診でした。
この言葉を聴いたとき、久島先生のやっていること(戦技研)の正しさがジブチの地で証明されたな、と感じました。」
「訓練の最後に彼らから
『この技術は本当に貴重なものだ、帰国せずに指導官をやってくれ』
と言われました。だけど丁重にお断りしました。」

この件につきましては、この当時に養神館本部にも報告してご協力を頂いています。


180センチ以上ある選抜された軍人がA3曹に本気で挑んでいき、倒される様子です。

日本の伝統を受け継ぎ、世界に類を見ない訓練体系を戦技研は有しています。
お伝えしたいのは、格闘だけではありません。戦闘に必要な事を色々と学んで下さい。

戦技研7 基本と応用について1

何事においても基本は大切です。

合気道の稽古の種類を大別すると、

基本動作ー基本技ー応用技ー自由技ー演武

となるのが養神館合気道における一般的なものです。このうち

基本「基本動作、基本技」

応用「応用技、自由技、演武」

という考え方が一般的な合気道の稽古になります。(もちろん、全ての団体がそのように考えているのではなく、各道場の先生によってお考えは変わります。)

しかし、神衛では

基本「基本姿勢、基本動作、基本技、応用技、自由技、演武」

応用「戦技研」

としています。応用技、自由技、演武も、実戦という混沌に比したら型稽古の範疇に入ると神衛では考えているからです。

基本と応用について2に続きます。

 

 

 

 

 

 

戦技研8 基本と応用について2

戦技研で行う訓練においては、基本技に立ち戻る作業を行う、という意味で基本を確認します。

例えば、ある状況において相手に技を施した際に、相手が倒れない、などという状況に陥る場合があります。そうした場合の原因を探ると、大体においては基本の理解が足りていなかったり、勘違いをしているケースが多々あるのです。

型稽古において基本のみの練習を繰り返しても、どうしてそれが大切なのか、その技の大切な部分は何か、という観点を常に持って稽古に臨むのは難しいものです。

型稽古なので、動作の手順が決まってしまい、その上を目指す気持ちで 創意工夫的な見地から、技を深く探るというのではなく、安易に技のための技、という事をやってしまう可能性が高くなるかもしれません。(技のための技、というのは、その技の効果を高める為だけに行う基本から外れた我流的な汎用性や応用性に欠ける姿勢や動作の事)

技術的な理解以外にも、人間の成長の面で考えてみると、合気道歴だけが長くなって、何かしらの自負と自信が芽生え、しかし自分の間違いに気付かず、そして気付こうともせず、あるいは気付いていても開き直り、ますます型稽古だけの世界に閉じこもろうとしていく可能性が高くなるかもしれないという恐れがあります。

自身の成長度や進むべき方向を知る為に、もっと別の視点から全体を眺める機会が必要です。出来ない事と出来る事を分別し、出来ない事に対して出来るように努力していく姿勢を持つには、そうした気持ちになる機会が大切です。それが神衛においては戦技研という事になります。

戦技研では、今は出来なくても、このような訓練をしていけば、こういう過程を辿って、それが出来るようになる、という道を示します。この道は、合気道という道そのものですが、戦技研の訓練を受けることで、自分の進むべき道がよく見えるようになってきます。

基本は大切である事に間違いはありませんが、基本は応用あっての基本という考えは大切であり、神衛では戦技研を応用として養神館合気道の基本を考えています。

 

 

 

 

 

戦技研9 型稽古の長所を考える

養神館合気道は型稽古で習得していくシステムです。型稽古とは、攻撃と防御の方法をあらかじめ決めて、約束通りに動作を行う練習方法です。

合気道の技は、その奥深さと精妙さにおいて、稽古方法を誤ると大切な核の部分が伝わらなくなります。合気道の稽古の基本が型稽古であるのは、そうした大切な部分を正確に多くの人に伝えていくためだと考えられます。

型稽古を繰り返すことで、身体が錬られ、技の理合も深く理解出来るようになります。技の手順を思い出しながら動く事から始めても、稽古を繰り返すうちに、頭で考えなくても力の流れを感じながら相手を崩す事が出来るようになります。

また、勝ち負けを競うものではないので、人間性に優れた相手と型稽古を行えば、自身も触発され、より一層稽古が楽しいものになります。

良い指導者、良い稽古仲間、良い稽古環境に恵まれて養神館合気道の稽古に励めたら、その人にとっては人生で得られる幸せの多くを得た、と言っても過言ではないでしょう。

神衛ではまず、こうした型稽古の長所を考え、そうした長所が最大限活かされるように稽古に取り組む事を重要視しています。