大杉寿雄 神衛相談役(←ここをクリック)

神衛 相談役の大杉です。

神衛 指導部の審査委員長の任にも就いています。

神衛のホームページをご訪問下さり有難うございます。

昭和18年生まれです。

高校(県立千葉高校)までは柔道をやっておりました。上智大学入学後に創部したばかりの合気道部に入部しました。

塩田剛三先生が井上強一先生を助手にして上智大合気道部に指導にいらした姿が懐かしいです。そうです、私は塩田剛三先生がまだ若い時に直接指導を受けた者の1人です。

筑土八幡町に養神館の道場があった頃には稽古にも行きました。

何十人、確かに五十人以上はいたであろう新入部員のうち、数か月後に残るのは僅か数名でしたが、更にそのうち、今も合気道をやっているのは私一人のようです。

それは単純に、私がタフだから、というだけではありません。

神衛の稽古が、私のような高齢に達した者であっても無理なく、そしてこの年齢になっても、なお強くなれる実感が持てるという、優れたものであるからです。

久島先生と出会ってはや20年近い歳月が経ちます。

私が若い頃に行っていた激しいだけの稽古とは異質の、理論的な技の説明と稽古体系に魅了されて今に至ります。

先生と出会った当時50代だった私は、自分が身に付けた荒々しい技を久島先生に試みましたが全く通じませんでした。

逆に久島先生の技に抗おうとしたら骨折間際で止めて頂いて、塩田剛三先生の次の師は何と自分の子供(孫?)位の青年になる事も不自然な感情は起きませんでした。

「本当の強さが身に付くには、相応の期間が必要。その期間の継続の為には楽しさが不可欠。楽にやるのと楽しくやるのは絶対に混同してはいけない。楽しくやるのが神衛の稽古。」

要約すると久島先生が考えている神衛の稽古はそういうものだと思っております。

私は空手も柔道も一応は黒帯を頂くまでにはやりました。

↑ 画像は合気道の技法ではありません。

神衛ならば私もまだまだ現役で稽古に取り組めます。空手も柔道も今更やろうとは思いませんが、神衛での合気道は楽しくて続けられます。

長く合気道は続けた方が良いです。私は歯も全く抜けておらず、毎日健やかに楽しく暮らしています。神衛の稽古が私にはとても合っているようです。

皆様が神衛に入会されたら、色々な悩みをお聞かせ下さい。

楽しく人生を生きていくコツならば沢山伝授出来ます。私達と楽しく合気道をやりましょう。

私は土曜日の午前に道場に来ています。皆様のお越しをお待ちしています。

吉田 準指導員(←こちらをクリック)


吉田 準指導員(弐段)

神衛指導部 準指導員の吉田です。

ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

ホームページをご覧になさっている方は合気道を始めようかどうしようか迷っている方、あるいは合気道を始めようと思っているけど、どの道場が良いかよく分からないと思い迷われている方、様々かと思います。

かく言う私もその一人でしたので、迷われるのは当然だと思います。

私の場合は後者で、護身のため合気道を始めようと思ってはいたのですが、どの道場にしたら良いのかと迷いました。合気道初心者の自分が付いていけるのかどうか、親切丁寧に教えてくれるのかどうか、道場の雰囲気はどうか。

しかしながら、その心配は神衛の見学に行った際に無くなりました。見学に来た私に対して丁寧な対応をして頂きました。

また稽古を見ていても、指導される久島先生が、合気道の技一つ一つを理論立てて分かりやすく道場生に説明しているのを見て、この道場なら初心者の自分でもやっていけると思いました。(ただ単に「この技やって」という教え方だったら、入会していなかったと思います。)

また、合気道を始めようと思っている方の中には、

「合気道の技は本当に効くのか」

「ネットの映像とかで見る技は嘘っぱちではないのか」

という疑問を持たれている方も多いかと思います。私も正直そういう気持ちが多少ありました。

しかしながら、こちらの心配も必要ありませんでした。見学した時の久島先生の説明を聞いて納得出来たのもありますが、久島先生や有段者の方々の動きを見れば、それがインチキではないのが誰でも分かると思います。

更に当道場には「戦技研」という実戦対応の課程があります。これは合気道の技を身に付けた方が、実戦に対応できるようになるための課程です。

型稽古だけの稽古だと、先生達はインチキなしに強いと思うけど、自分は実戦に対応出来るようになれるのだろうか?という疑問はありました。

しかし、戦技研で受けた課程で、道場で身に付けた技は実戦対応なんだという確信に変わりました。

皆様も是非、戦技研の課程を受けていただき、実戦対応技術を身に付けていただきたいと思います。

当道場は初心者の方が安心して安全に楽しく稽古に取り組める環境づくりに重きを置き、さらに戦技研という実戦即応課程もございます。稽古に行くのが楽しみになると思います。

稽古に行く事を毎日楽しみにして生活をしていたら、気付いたら弐段になっていました。そして、これから合気道を始めようとする方々の手助けをしたいという気持ちが強くなりました。

私の指導者としても持ち味は、気軽に何でも相談しやすい人柄、と心得ています。

皆様と一緒に稽古できる日を楽しみにしています。

篠宮 準指導員(← こちらをクリック)

guide-img01_120x120

篠宮 準指導員(弐段)女性

~これから合気道を始めたい方へ向けて~

私が、合気道を始めよう思ったのは、目標があったからです。

その目標にたどり着くためにはどうすればいいだろうか、と考えた結論が合気道を始めることでした。

合気道について何も知らない状態で、決意だけは固く、「痛み、苦しみには耐えるぞ、きっと、耐えることで、私は強くなれるに違いない。」という期待を持って始めたのです。

いざ始めてみると、「すごく楽しい」という気持ちを強く抱かせてもらった事が思い出されます。(始める前は、汗まみれになって、畳に頬をこすりつけて、立ち上がっては倒されて・・・のようなイメージを勝手に持っていました。)

今思えば、私は何に強くなりたかったのか、腕力でいう強さや、我慢強さ、忍耐強さ、打たれ強さといった自分の内面の強さ、守りたい人がいるから、誰にも負けたくないから等、具体的には考えておらず「強い」の定義がとても曖昧でした。

しかしながら、始めた時も今現在も、成長したい、能力を高めたいという向上心を持っていることには、変わりありません。

目的はそれぞれ違っても、向上心から合気道に興味を持ったのであれば、始めることへ不安や迷いは一時的なものに過ぎないと思います。

神衛で、私たちと一緒に成長していきましょう。

鹿野 準指導員(←こちらをクリック)

鹿野 準指導員

こんにちは。

神衛は初心者に優しく、かつ高度な技術まで学ぶことができる合気道の道場です。

会員には、先輩、後輩、上級者、初心者がおりますが、皆さん優しく、変な人はいません。人間関係にもドロドロしたものはなく、良い意味のドライさがありますので、稽古に集中できて、楽しく有意義な時間を過ごすことができます。

勿論、楽しいと言っても合気道は武道ですから、娯楽を目的としたサークル活動の様に笑顔を見せながら、ということはありませんが、怪我の心配は言うに及ばず、学ぶ技術内容にも安心して稽古ができ、稽古後にはすがすがしい気持ちになります。

実は、私は過去、他団体ですが合気道を初段を頂くまで学んだ事があります。

再度、合気道を始めた切っ掛けは、精神的にも肉体的にも強くなりたいと考えていたからで、そのためには「本物の先生」から指導して頂ける道場で技を身につける必要があると考えました。

私自身が段を取得する程度までは合気道をたしなんだ身ですので、多少は合気道についての見識はあるつもりです。

戦技研という実戦対応クラスがある道場の存在を知り、強い興味を持ちました。

しかし、
「だけど、もしかしたら、身の程知らずの勘違い君が大言壮語を吐いているだけかもしれない。そんなに凄い先生、あるいは、戦技研がそんなに凄いなら、雑誌なんかに紹介されたりDVDが販売されていたりするものじゃないだろうか?」
という心配が少しありました。

熟慮の結果、神衛(当時は千葉道場でした。)の門を叩きました。

入門前の自分の不安は全て杞憂でした。もっと早く神衛に入門しておけば良かったと本当に後悔しました。

神衛の合気道では、単純に身体を動かして運動をするだけでなく、技に驚いたり、感動したりすることができます。

特に、戦技研というクラスでは、「自分がこんな風に強くなれたら・・・」と思っていた以上の自分が実現出来ているのが実感出来ました。それが、どんなにお金を払っても得られない感動となりました。

また、面白いことに、稽古を通じて、私が求めていた「強さ」の意味が少しずつ変わってきている様な気がしていて、今後自分がどのように変わっていくのかも楽しみです。
私は神衛に入門して良かったと思っています。

現在私は神衛の準指導員ですが、稽古に来るのが楽しみになるような指導を心掛けています。

私たちと一緒に、神衛の合気道をしてみませんか。神衛の合気道は、驚き、感動、そういうものがある合気道だと自信を持って言えます。

勝又 相談員(←こちらをクリック)

勝又 相談員

こんにちは。

神衛指導部 相談員の勝又です。

私は現在、神衛道場において相談員という配置に就いています。相談員は、指導の補助、自主稽古中の道場内安全管理、そして道場生の方からの相談対応を行います。

経験を積んで指導員になれるよう取り組んでいます。

私が合気道を始めようと思ったきっかけは、精神面を強くしたい、何か自信となるようなものを身につけたい、と考えたからでした。
強くなる為に取り組む時に、色々な格闘技や武道を選ぶ事も考えましたが、自分としては試合や競技をしたいのではなく、型を学ぶような事をしてみたいのと、素手で行うものとして、合気道という武道に興味を持っていました。
ただ、合気道と漠然と思うだけで、いざ習ってみようと思っても、色々な合気道があり、そして公共施設を借りて活動している同好会から、専用道場で指導をしているところまで多種多様です。
自分としては、道場という場所である程度の内容まで合気道を学んでみたいという気持ちが強くありました。
そして道場を探す事にしたのですが、いざ道場に通うとなると何となく敷居が高いイメージがあり、初心者の自分がしっかりとやっていけるだろうか、という不安もありました。
また、競技や試合をしたい訳ではないから素手の型稽古を行う合気道をやろうと思ったのですが、やはり実際に戦えるようにはなりたいし、という事で、戦技研のある神衛という道場は私にとっては他に選択肢がないほどのスペックのある道場でした。果たして神衛道場はどういう所だったかと言いますと。
神衛の道場を見学した時の丁寧な指導、指導者の技の美しさを見て、ここだったら自分でもやっていけるかもしれない、是非やってみたい、と思って始めることにしました。
合気道の稽古は普段やらないような動きが多く、覚えることも沢山あります。
それでも繰り返し練習して、出来なかった動きが出来るようになったり、新しい技を覚えることが出来た、という経験をしていく中で稽古が楽しくなっていきました。
神衛では一般クラスとは別に、初心者のためのクラスも設けられており、基礎から丁寧に指導を行っていますので、初心者の方もしっかりとした技術が身に付けられます。
そして、ある程度合気道に慣れ親しんで、もっと自分が学んでいる合気道の素晴らしさを探りたいのならば、ぜひ戦技研に進んで下さい。
私は戦技研の訓練を受講した初日に、自分が目指した強さはこの道にあったのだと確信しました。戦技研は本当に素晴らしいです。
私も合気道未経験から30歳を間際にして合気道を始めましたが、丁寧に指導していただけたこと、また、優しく、稽古に一生懸命な先輩方ばかりの道場だからこそ、自然と周囲から刺激を受けて、特に気負う事は意識しなくても熱心に続けてこられたのだと思います。
始めようと思うきっかけは皆さんそれぞれあると思いますが、目指すものに向かって一緒に頑張っていければと思います。
皆様のお手伝いが出来るように精一杯努力します。

山下 相談員(←こちらをクリック)

yamashita_131x160_IMG_2843
山下 相談員

人生相談員の山下です。

神衛のホームページをご覧になって頂き、 ありがとうございます。私も皆さんと同じように、ホームページとの出会いが最初の一歩でした。

私は、50代半ばに心筋梗塞を患い、運動制限の中にいました。

もし健康が回復したならば、武道を習得したい。日本人として生まれたからには武道をしっかり身につけたい。自分の身は自分で守れるようにしたい。そろそろ武道を習得するラストチャンスではないか。

そう考えて千葉市で学べる武道場を探し、養神館合気道千葉道場(現 神衛)のホームページに辿り着き、健康が回復したらここで合気道を始めようと決心しました。

しかし、健康が回復して医師の診断書をもらっても、それから3ヶ月以上無駄にグズグズしていました。きっと、皆さんも悩むかもしれません。

武道です。フィットネスクラブではありません。未経験の方が軽い気持ちでは入れない、ハードルの高さを感じるかもしれません。

でも、悩んでも時間の無駄です。その時は、「見学」という形で一歩前進してみてはいかがですか。

道場は、武道、格闘技を学ぶ場ですから、もしかしたら、怖い先輩がいるかも、とか思うかもしれませんが、全くそんなことはありません。

ご安心ください。普通の社会人・学生が、普段の生活とは全く違う、道場空間・稽古時間の中で、真面目に真剣に合気道に取り組んでいます。初心者にやさしい道場です。

道場では、礼、基本姿勢から始まり、様々な技を、その時点での能力・レベルに合わせて先生に指導していただきました。

基礎基本を大切にし、基本姿勢や基本動作、技と技との連関性等について体系的理論的に学べます。体だけでなく頭もフルに使いますので、稽古の後は、肉体疲労はもちろん、頭もかなり疲れて、強烈な睡魔が襲ってきます!

神衛で合気道を学べば、きっとあなたの何かを前進させることができると思います。
私たちと一緒にAIKIDO STYLE を始めてみませんか?

私は心筋梗塞になった時、死を覚悟しました。そして、心筋梗塞を抱えながら合気道に取り組んでいます。

救われたこの命は、神衛に合気道を学びにいらっしゃる皆様の為にあるのだと思っています。

悩み事など私に何でも相談して下さい。

私は心筋梗塞を患いながら50代後半で合気道を始めました。怪我や病気があっても、医師の許可があれば神衛は適切な指導で安全に合気道に取り組める道場です。

現在は還暦を過ぎていますが、戦技研に参加しています。戦技研は物凄く面白く楽しく感じます。神衛は病気や年齢に関係なく強くなれる道場です。

お待ちしています!