身に付ける

合気道の本当の稽古は初段から

神衛における合気道修得の基本的な考えを説明いたします。

合気道は実際に学んで身に付けてみないと理解出来ない内容があります。当たり前、という話になるのですが、少しだけ話を聞いて下さい。

大事なところは、合気道初段の実力を身に付けてから、それから学ぶ事が、実は本当の意味で合気道を学ぶ事になるのです。

だから神衛では、出来る限り早く合気道初段の実力が身に付くよう考え抜かれた指導法、稽古方法を作り上げています。
     


どうして初段からか

正確に言えば、初段から、という事ではなく、合気道を学び始めた瞬間から、合気道の素晴らしさなどはお分かりになられると思います。しかし、話を聞いて下さい。

例えば、剣道の稽古には竹刀や防具など道具が必要です。そして合気道においては通常、この剣道の防具や道具に値するのは何か、と言いますと、稽古用の畳など設備などが考えられます。

しかし神衛では、「初段までの技術、知識、体力」も稽古に必要とされる大切な防具、道具であると考えています。

初段をゴールとしてしまうと、それは剣道では防具や道具を買い揃えてゴールに達したと考えるのと同じ、という話になるのです。初段の実力を得て初めて本格的な神衛における合気道の稽古が始まる、という事です。

初段までは

初段まではインプット作業がメインになります。

合気道における技とは、最初の段階では「手順を追った動作」に過ぎません。しかし動作の手順を覚えないと、動けません。動けなければ運動になりませんし、いつまでも技が出来るようになりません。合気道の楽しさ素晴らしさを知ることなど分かるはずもないでしょう。

これはダンスの振り付けと同じです。そして勉強も同様です。
ダンスなら、振付を覚えて音楽に合わせて踊れるから楽しいと感じられるでしょう。
勉強なら、知識と問題の解き方を覚えて問題が解けるから楽しいと感じるはずです。

神衛における合気道もそれと同じです。

神衛で合気道を始めたなら、まず動作の手順を覚えます。それがインプット作業です。
説明を受けてインプットしたら、それが定着するようにアウトプット作業、つまり実技を行っていきます。
1回の稽古は、インプット(説明を受ける)ーアウトプット(実技を行う)の繰り返しです。

そして、初段までに行うインプット作業とアウトプット作業の集大成が、初段取得以降の為のインプット作業といえます。


初段を取得後

初段を取得したら黒帯を着用して稽古に参加する事になります。

茶帯の方の目標となり、白帯の方からは憧れられる存在として、自分の言動に一層の注意が必要になる立場となります。

「自分は黒帯をする者として、どうだろうか?」
と考える機会が多くあるはずです。

「こんな事で挫けてどうする。」
「こんな事を面倒くさがってどうする。」
「自分は黒帯を取得した実績がある。次の挑戦だって絶対に成功してみせる。」
などと皆様をより人間として、より高みへ引き上げるきっかけとなるでしょう。

黒帯だから色々な意味で強くある事が必要であると自覚し、それゆえ黒帯だから強くなる努力を実らせることが出来るのです。

そして。有段者どうしの稽古は、一歩間違えたら怪我をする緊張感があります。そうした緊張感の中、スピーディーな流れに身を置き、技を行う楽しさは、自分の課題に向かい合って乗り越えて初段取得を達成した者だけが感じる事が出来る喜びです。色々なスポーツでも一定以上の実力を得た人しか経験し得ない世界がありますが、神衛の合気道にもそれがあります。

野球やサッカーなどで言えば、つまり試合に出場してチームが勝利する期待を背負うレギュラー選手が、神衛における有段者という事です。定員が決まっているレギュラー選手とは異なり、初段取得は皆様の努力次第ですし、神衛では皆様が確実に初段の実力が得られるようにカリキュラムを組んでいます。

合気道を始めたばかりでも、合気道の面白さ素晴らしさは分かるのは確かです。初段以上の有段者どうしで行う稽古において、色々と深い気付きがあり、そして更に先に進んでみたくなる気持ちが大きくなるでしょう。

初段を取得したら目標を達成したつもりになって合気道をやめてしまう人もいるようです。それでは、野球やサッカーなどで言えば、1軍選手に指名された引退する、というようなものです。

神衛には、黒帯から更に広がっている世界をご用意しています。弐段、参段、四段、五段・・・という事だけでなく、戦技研や合気道指導者への道へのご興味をお持ち頂けたら幸いです。