AIKIDO STYLE 0001 はじめまして

oosugi_hisaos111

神衛 相談役の大杉寿雄です。

神衛 責任者の久島俊樹です。

初回のAIKIDO STYLEは、大杉寿雄先生にお願いしていたのですが、また今度という事で、私 久島が話をさせて頂きます。

AIKIDO STYLEとは、簡単に言えば、合気道の稽古をする事によって得られた何かを、仕事や学業、私生活に活かす、ということです。

合気道は手段、なのですね。

だけど、合気道の学び始めにおいては、合気道が上手くなりたい、という気持ちが大切ですから、合気道が目的であって全く問題ございません。しかし、結論を先に言えば、合気道が本当に上手というのは、合気道を如何に楽しんで、そして有効活用するか、という事になると私は考えています。それは、人生と同じ、と言っても良いのではないでしょうか。

ただ、普通に生活しているだけでは、感じる事がない何か、考える事がない何か、気付かない何か、分からない何か、そういうものが合気道を私達と一緒に稽古をすると、感じたり、考えたり、気付いたり、分かったりするでしょう。そうなるように稽古をつくっています。

さて。

6月で、戦技研初等教育課程の第6期が修了しました。第5期で修了検定に不合格だった方が、今回の第6期で合格されましたので、私も少し安心をしています。

IMG_2468_191x255

初等教育課程修了検定に合格すると、このようなワッペンを左肩に着けます。

中等教育では線が2本、高等教育では線が3本になります。

次は中等教育課程の八カ月間が始まりますが、初等教育課程の半年間、皆様、あっと言う間に感じられたようです。戦技研は、10分位経過したかな?と思うと、大体30分から40分経過しています。そうです、道場外と時間の進みが違うのです(笑)気付いたら浦島太郎状態ですよ。

間もなく、中等教育課程、そして指導者養成課程が始まります。準備に追われて、ホームページどころではなく、神衛にご興味を持たれている方には、申し訳ないです。

合気道の道場運営をしながら、ブログなんて無理!という事で千葉道場ブログは一度閉鎖しましたが、「再開はよ!」と他の団体の方などから急かされるので、取り敢えず道場の指導員の方にもご協力を頂いて頑張ろうと思います。

では、何を言いたいのか分からないですが、私がこんなやつ、というのはお分かりになられたと思いますので、この辺で失礼いたします。

今後とも神衛をよろしくお願いします。(下は画像アップのテストです。お見苦しく申し訳ございません)

blog2_IMG_2426

blog2_IMG_2427

blog2_IMG_2428

blog2_IMG_2430

2016年6月14日 | カテゴリー : AIKIDO STYLE | 投稿者 : aikido-style