鹿野 指導員(←こちらをクリック)

鹿野 指導員

こんにちは。

神衛は初心者に優しく、かつ高度な技術まで学ぶことができる合気道の道場です。

会員には、先輩、後輩、上級者、初心者がおりますが、皆さん優しく、変な人はいません。人間関係にもドロドロしたものはなく、良い意味のドライさがありますので、稽古に集中できて、楽しく有意義な時間を過ごすことができます。

勿論、楽しいと言っても合気道は武道ですから、娯楽を目的としたサークル活動の様に笑顔を見せながら、ということはありませんが、怪我の心配は言うに及ばず、学ぶ技術内容にも安心して稽古ができ、稽古後にはすがすがしい気持ちになります。

実は、私は過去、他団体ですが合気道を初段を頂くまで学んだ事があります。

再度、合気道を始めた切っ掛けは、精神的にも肉体的にも強くなりたいと考えていたからで、そのためには「本物の先生」から指導して頂ける道場で技を身につける必要があると考えました。

私自身が段を取得する程度までは合気道をたしなんだ身ですので、多少は合気道についての見識はあるつもりです。

戦技研という実戦対応クラスがある道場の存在を知り、強い興味を持ちました。

しかし、
「だけど、もしかしたら、身の程知らずの勘違い君が大言壮語を吐いているだけかもしれない。そんなに凄い先生、あるいは、戦技研がそんなに凄いなら、雑誌なんかに紹介されたりDVDが販売されていたりするものじゃないだろうか?」
という心配が少しありました。

熟慮の結果、神衛(当時は千葉道場でした。)の門を叩きました。

入門前の自分の不安は全て杞憂でした。もっと早く神衛に入門しておけば良かったと本当に後悔しました。

神衛の合気道では、単純に身体を動かして運動をするだけでなく、技に驚いたり、感動したりすることができます。

特に、戦技研というクラスでは、「自分がこんな風に強くなれたら・・・」と思っていた以上の自分が実現出来ているのが実感出来ました。それが、どんなにお金を払っても得られない感動となりました。

また、面白いことに、稽古を通じて、私が求めていた「強さ」の意味が少しずつ変わってきている様な気がしていて、今後自分がどのように変わっていくのかも楽しみです。
私は神衛に入門して良かったと思っています。

現在私は神衛の準指導員ですが、稽古に来るのが楽しみになるような指導を心掛けています。

私たちと一緒に、神衛の合気道をしてみませんか。神衛の合気道は、驚き、感動、そういうものがある合気道だと自信を持って言えます。