大杉寿雄 神衛相談役(←ここをクリック)

神衛 相談役の大杉です。

神衛 指導部の審査委員長の任にも就いています。

神衛のホームページをご訪問下さり有難うございます。

昭和18年生まれです。

高校(県立千葉高校)までは柔道をやっておりました。上智大学入学後に創部したばかりの合気道部に入部しました。

塩田剛三先生が井上強一先生を助手にして上智大合気道部に指導にいらした姿が懐かしいです。そうです、私は塩田剛三先生がまだ若い時に直接指導を受けた者の1人です。

筑土八幡町に養神館の道場があった頃には稽古にも行きました。

何十人、確かに五十人以上はいたであろう新入部員のうち、数か月後に残るのは僅か数名でした。更にそのうち、今も現役で合気道をやっているのは私一人のようです。

それは単純に、私がタフだから、というだけではありません。

私のような高齢に達した者であっても無理なく、そしてこの年齢になっても、なお強くなれる実感が持てる神衛の稽古のおかげだと思っております。

久島先生と出会ってはや20年近い歳月が経ちます。

私が若い頃に行っていた激しいだけの稽古とは異質の、理論的な技の説明と稽古体系に魅了されて今に至ります。

先生と出会った当時50代だった私は、自分が身に付けた荒々しい技を久島先生に試みましたが全く通じませんでした。

逆に久島先生の技に抗おうとしたら骨折間際で止めて頂いて、塩田剛三先生の次の師は何と自分の子供(孫?)位の青年になる事も不自然な感情は起きませんでした。

「本当の強さが身に付くには、相応の期間が必要。その期間の継続の為には楽しさが不可欠。楽にやるのと楽しくやるのは絶対に混同してはいけない。楽しくやるのが神衛の稽古。」

要約すると久島先生が考えている神衛の稽古はそういうものだと思っております。

私は空手も柔道も一応は黒帯を頂くまでにはやりました。

↑ 画像は合気道の技法ではありません。

神衛ならば私もまだまだ現役で稽古に取り組めます。空手も柔道も今更やろうとは思いませんが、神衛での合気道は楽しくて続けられます。

長く合気道は続けた方が良いです。私は歯も全く抜けておらず、毎日健やかに楽しく暮らしています。神衛の稽古が私にはとても合っているようです。

皆様が神衛に入会されたら、色々な悩みをお聞かせ下さい。

楽しく人生を生きていくコツならば沢山伝授出来ます。私達と楽しく合気道をやりましょう。

私は土曜日の午前に道場に来ています。皆様のお越しをお待ちしています。