合氣道について9 対複数の技など

下のイラストをご覧下さい。


合氣道の技法、多人数取り(2人取り)における1シーンです。
このイラストのように2人を一度に投げる技もありますが、時間差で1人ずつ投げたり、また1人をもう一方の人に向かって投げつけることもあります。

「そもそも合氣道は1人で多数を相手にする場合を想定しています。」
(塩田剛三 「合気道人生」竹内書店新社より抜粋)

そうです、合氣道の醍醐味の一つに多人数を相手にする技法があります。

合氣道は更に、徒手VS徒手、だけを想定しているのではなく、徒手VS武器、武器VS武器なども想定しています。
更に合氣道には、突き、手刀などによる当身があります。そして合氣道の当身は、突き、手刀だけでなく、上級者になれば相手との接触した部位を当身としてしまう事もあります。

覚えなければいけない事が沢山あって大変そう、という心配は無用です。他人数や武器の話などは、基本を身に付けてからのバリエーションに過ぎないものです。基本を身に付けていれば、バリエーションなど例えば、手に武器を持って動けば、そのまま武器術になります。

また神衛は合氣道専門道場ですので、効率良く高度な技法が身につける事が出来ます。

それより、とりあえず、ここまでにおいて合氣道が柔道や空手とどう違うのかイメージを掴む事が出来たでしょうか?そして何より、自分も合氣道を学んでみたい、というお気持ちになられたでしょうか?

これから先は、実際に道場に通われて正しく合氣道を学んで頂くのが最良ですが、このコーナーを執筆している指導責任者の久島俊樹に時間的余裕が生じた際、更なる合氣道の魅力についてお話をさせて頂こうと思います。
神衛では合氣道の事を皆様にお伝えしたいので、皆様が合氣道にご興味を持たれる事を期待しています。